AFFINGER5(WING)で抜粋文章と抜粋表示文字数の設定方法

2020年5月27日

AFFINGER5(WING)で抜粋文章と抜粋表示文字数の設定方法

最初にお伝えしておくが今回解説する「抜粋文章と文字数制限の設定方法」は私が使用しているWordPressテーマ 「WING(AFFINGER5)」の場合のやり方だ。設定自体はとても簡単なので安心してほしい。

「抜粋」とは

「抜粋」とはメタディスクリプションとは別の設定でブログ内での「おすすめ記事」や「過去の記事」などをブログカードで表示させる時に記事タイトルの下に表示される記事の説明文を自分で設定できる方法の事だ。

表示オプションの「抜粋」という項目から任意の抜粋文章を設定してブログ内で表示できる。これはTwitterなどに記事を投稿した時にもここで設定した抜粋の文章が適用される。

設定自体は簡単明快ですぐできるので安心してほしい。

 

AFFINGER5(WING)で抜粋文章を設定する方法

最初にお伝えしておくが今から設定する抜粋文章は後ほど設定する抜粋の文字数制限はブログ内では適用されない。つまり今から設定する抜粋の文章はブログ内で全文表示される。この事を念頭に置いて作業をすすめてほしい。

では設定を始めよう。

WordPress管理画面の「ダッシュボード」から「記事の編集画面」で右上に「表示オプション」のプルダウンがあるのでクリックして開く。「抜粋」にチェックを入れると記事編集下の設定のさらに下にスクロールすると「抜粋」の編集項目が表示される。

 

あとはブログ内のブログカードなどで抜粋表示させたい任意の文章を入力するだけだ。

以上、簡単だ。

続いて「抜粋の文字数制限の設定方法」を解説する前に「抜粋を設定する上での注意点とややこしい点」を整理しておこう。

 

抜粋で設定した文章は抜粋の文字数制限の適用はされず全文表示される

抜粋の文字数制限の設定方法を解説する前に伝えておきたい事がある。ちょっとややこしいが理解しておいた方がいいので頭に入れておいてほしい。

これから設定する抜粋の文字数制限が適用されるケースは先程の抜粋文章を設定していない場合だ。最初に開設した「抜粋文章」を設定すると今から設定する抜粋の文字数制限は適用されない。

つまり今から解説する「抜粋の文字数制限の設定」で適用されるケースはメタディスクリプションの話だ。通常は自分で設定したメタディスクリプションが記事内でおすすめの記事や過去の記事などをブログカードで表示させた時に記事の説明文として表示される。

今から解説するのは「記事内でメタディスクリプションの抜粋文章の文字数の設定を変更できる方法」についてだ。メタディスクリプションを自動で生成している場合も記事編集画面で設定している場合も同様だ。

ご理解頂けただろうか。少し小難しく聞こえるかもしれないが設定自体は簡単ですぐできるので安心してほしい。

 

AFFINGER5(WING)で抜粋の文字数制限を設定する方法

「ダッシュボード」→「AFFINGER5管理」→「デザイン」へと進み、下へスクロールしていくと「抜粋設定」という項目がある。

 

「抜粋設定」の一番上「抜粋の文字数」と言う項目で任意の文字数を設定できる。デフォルトでは100文字だ。ご自身のブログのデザインに合わせてお好みの文字数を設定するといい。

 

まとめ

以上、設定自体はとても簡単だったはずだ。ちょっとややこしい理屈もあるが一度理解してしまえばどうってことないので安心してほしい。ちなみに抜粋を表示させない設定もできるので興味のある方は別記事を参考にしてほしい。

-AFFINGER5(WING)
-,

Copyright© mutenkaa | こーせいYAP , 2021 All Rights Reserved.