WordPress Ping Optimizerは不要なPING送信を回避するプラグイン

「WordPress Ping Optimizer」は不要なPING送信を回避してくれるプラグイン

WordPressで記事を投稿するまでに何度となく編集して保存を繰り返す。公開してからうっかりしていて何度か編集する事もある。このように編集して保存する度に自分の意思とは関係なく不必要なPingが送信されてしまう。

記事の編集更新を短期間に何度もするとスパム扱いになる事がある。よかれと思って記事を編集しているのにスパム的な扱いを受けてページの順位が下がってしまったらとても悲しい。

そんな悲しい状況になる事を回避して防いでくれる便利なプラグインがある。「WordPress Ping Optimizer

下記からダウンロード。

WordPress Ping Optimizer

 

WordPress Ping Optimizerの使い方

WordPress Ping Optimizerの使い方は超簡単、1分でできる。WordPress Ping Optimizerをインストールしたら「setting」から自分がPING送信したい先を入力欄にコピペして貼り付けて、下のチェックボックス「Enable pinging」(ピングを有効にする)にチェックを入れるだけ。設定完了したら「Save Setting 」で保存を忘れずに。

その下の「Limit excessive pinging in short time」は、短時間でのPINGの送信の制限をカスタマイズできる。  

「Ping at most 1 time(s) within 15 minute(s)」このようにデフォルトでは15分に1回。特にいじらなくてもいいがお好みで設定。

 

   2018年12月のPING送信先最新版

PINGって何?ってわからない方は下記をご自由にお使いください。拾い物です。たまに最新版をググって使っていいよっていうものを拾ってきて使わせてもらいましょう。

http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2 http://blogsearch.google.com/ping/RPC2 http://ping.dendou.jp/ http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/ http://pingoo.jp/ping/ http://ping.feedburner.com/ http://ping.rss.drecom.jp/ http://rpc.weblogs.com/RPC2 http://rpc.pingomatic.com/ http://rpc.reader.livedoor.com/ping

 

 

※2019年4月26日現在の「WordPress Ping Optimizer」の情報

・プラグインバージョン:2.35.0.1.3

・最終更新日:2018年の未明

・10万インストール以上

・WordPressのバージョン: 3.0.1以上、4.9.10までテスト済み。

・PHPバージョン: 5.6以上

 

まあ便利な必須プラグイン。忘れずに導入する事。

 

-WordPress, プラグイン
-,

Copyright© mutenkaa | こーせいYAP , 2021 All Rights Reserved.